医療業界で活躍する|専門的な資格を取る!

知識と技術を付ける

勉学

理学療法士の仕事は、スポーツや事故によって障害を抱えた人、身体の機能が低下した方に対してリハビリを行っていきます。指導計画と実行することで、患者さんの運動機能を回復させるサポートを行うことができます。この福祉関係の仕事に携わるのであれば、理学療法士の資格を取りましょう。理学療法士の資格を取得するには、学校に通う必要があります。学校は、大学だけでなく専門学校で学ぶことができます。専門学校となると通常であれば2年制になります。ですが、理学療法士の学校は4年制になっています。1年生は医療人としても基礎を中心に学習していきます。2年生は理学療法士として、症状の捉え方を学んで、それを身に付ける授業になります。また、3年生はOSCEやTAといった専門的な勉強を重点において評価実習を行います。4年生になると、今まで長期で学んだ経験を即戦力として、就職活動を行います。学校によって授業内容は多少異なりますが、理学療法士として勉強ができるでしょう。それと同時に、理学療法士の国家資格検定を受けます。検定に合格することで、理学療法士として働くことができるでしょう。また、国家資格を持っていれば、就職に有利になりますし、再就職しやすいといえます。資格を持っていれば、どこでも理学療法士として働くことができるでしょう。専門学校では、国家資格を持った経験のある講師が指導してくれます。しっかり4年間学びたいという方は、専門学校で理学療法士の資格取得を目指して学習しましょう。